このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

仕事で車を使っていると、

交通反則金を払うこともあるかもしれません。

 

交通反則金を払ったとき、

会計・税務的にはどのような取り扱いになるかご存知ですか?

 

所得税と法人税では扱いが違います。

 

 

【所得税の場合】

1.個人事業主が交通違反をした場合

(会計)経費計上できません。

(税務)必要経費になりません。

 

2.従業員が交通違反をした場合。

2-1.業務中だった場合

(会計)経費計上できません。

(税務)必要経費になりません。

 

2-2.業務外だった場合

(会計)給与として経費に計上できます。

(税務)給与として必要経費になります。

 

【法人税の場合】

1.役員が交通違反をした場合

1-1.業務中だった場合

(会計)経費に計上できます。

(税務)損金に算入できません。

1-2.業務外だった場合

(会計)経費に計上できません。

(税務)損金に算入できません。

 

2.従業員が交通違反をした場合

2-1.業務中だった場合

(会計)経費に計上できます。

(税務)損金に算入できません。

2-2.業務外だった場合

(会計)給与として経費に計上できます。

(税務)給与として損金に算入できます。

 

まとめ

『交通反則金』は、その名の通りペナルティです。

 

必要経費や損金に算入できるとすると・・・

その分、税金が課される所得が減ることになり、

ペナルティとしての意味合いが薄れてしまいます。

そのため、税金の計算上、経費には算入できません。

 

同じ考え方で、ペナルティ的な意味合いを持つ税金

延滞税、延滞金、過少申告加算税、過少申告加算金、過怠税など・・・

税金の計算上、経費には計上できないので、

注意が必要です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket