このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「少額減価償却資産の特例」をご存知でしょうか?

30万円未満の減価償却資産を一度に経費計上できる、という制度なのですが…

漢字ばかりでよくわからないので、ざっくり説明します。

 

1.会計のキホン

会計の基本的な考え方の1つに、

「利益」を計算するときは、

『売上と費用を対応させる』というものがあります。

 

利益=売上-費用

 

どういう事かと言うと・・・

一番わかりやすいのが商品を売ったとき

1個60円で仕入れて(費用)、

1個100円で売った(売上)とします。

 

『売上』と『費用』が1対1の関係になっていて、

利益40円が計算できます。

 

しかし、費用が仕入とは違って、

事務用品(ボールペンなど)や備品(パソコンやプリンター)、

営業車、店舗を購入したときには、

『売上』と『費用』は、直接は関係しません。

 

もちろん、

開業から廃業まで、数年から数十年それ以上の期間、

すべての売上と費用を集計すれば、売上と費用は対応するのですが、

「1年間ずつ期間を区切って利益を計算する」というルールがあります。

 

そのため、パソコンや車、建物は何年も使えるので、

これらを購入した費用を

いつの売上と対応させるのか、という問題が生じます。

 

(例)毎年売上1000万円 営業車600万円で購入(6年使える)

購入時に全額費用を計上すると・・・

1年目 400万円=(1000万円―600万円)

2~6年目1000万円=(1000万円―0円)

あまりに利益が偏ってしまいます。

 

この問題を解決するために、「減価償却資産」というルールがつくられました。

 

 

2.減価償却資産ってなに?

1個10万円以上で1年を超えて使える資産(パソコンや車、建物など)は、

「減価償却資産」に分類されます。

 

減価償却資産は、1年を超えて使えるので、

購入したときに全額を費用に計上してしまうと、

売上と費用の対応ができません。

 

そのため、使える期間に応じて徐々に費用に計上していきます。

 

(例)毎年売上1000万円 営業車600万円で購入(6年使える)

使える期間で徐々に費用計上

1~6年目 900万円=(1000万円―100万円)

6年間の利益の合計額は、先ほどと同じく5400万円ですが、

徐々に費用計上することで、毎年の利益が一定になりました。

 

 

※1年を超えて使えるものでも10万円未満のものは、

計算するのが大変なので、購入した時に全額を経費に計上することになっています。

 

3.少額減価償却資産ってなに?

ここからが本題です。

 

原則として、10万円以上が減価償却資産になります。

しかし、減価償却資産は、徐々に費用計上するため、

購入した年に全額を費用計上する場合と比べると、

購入した年の利益が多くなってしまいます。

(例)1年目に全額を費用計上 400万円

減価償却資産として徐々に計上 900万円

 

利益が多いと、税額も多くなってしまいます。

 

資産の購入で支出して、税額も多い…

経営していく上では、資金繰りが厳しくなりますよね。

備品を買うのも躊躇してしまそうです。

 

そこで作られた特例が、

「少額減価償却資産の特例」です。

 

例外として、1個30万円未満であれば、

購入した時に全額を費用計上してもいいよ、というルールです。

 

このルールを利用して、10万円以上だけど、

購入した時に全額を費用計上した「減価償却資産」のことを

「少額減価償却資産」といいます。

 

4.2020年3月31日まで延長されました!

 

「少額減価償却資産の特例」は、

2006年から始まったんですが、

「特例」なので、期限が設けられていて、

直近の期限は、2018年3月31日まででした。

 

今回、2018年度の税制改正で、

2020年3月31日まで延長されています。

 

5.まとめ

即時に全額を費用計上できる「少額減価償却資産の特例」

すでに12年間続いている特例なので、

ご存知の方も多いかと思います。

 

しかし、あくまで「特例」なので、

延長されない日が来るかもしれません。

 

常に最新の税務情報を得ることが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket