このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

消費税の増税が、1年半後に迫ってきています。
すでに消費税増税の法改正はされていますので、
もう一度、延長や廃止の法案が成立しない限りは、
2019年10月1日から、増税となります。

最近ニュースで取り上げられないため、
忘れてしまった方も多いかと思いますが・・・

消費税が10%に増税されるのと同時に、

『軽減税率』が導入されます!

事業を営んでいる側の立場からすれば、
事務処理が増えるだけなので
本当に止めてほしい軽減税率という制度・・・。

特に、軽減税率の対象となる商品を販売している場合には、
事前の準備が必要です!

 

1.レシート(領収書など)に複数税率を記載する

 

請求書(領収書)には、

税率の異なるごと(8%・10%)に区分して

合計額を記載しないといけません。

消費税率10%・8%を区分して記載した領収書等は、
『区分記載請求書等』と呼ばれます。

対応していないレジをお使いの場合には、
レジの買換、改修が必要です。

軽減税率に対応したレジを導入すれば補助金が受けられます。

2.軽減税率対策補助金について

2019年9月30日までレジの導入・改修を行い、
支払いを完了させる必要があります。

補助額は・・・

タブレットなどをレジに使用 1/2

通常のレジ 2/3

3万円未満のレジ 3/4

レジ1台あたり20万円が上限のため、

30万円のレジを購入すれば、20万円の補助金が受け取れます。

3.2023年以降の請求書について

せっかくレジを回収するなら長く使いたいですよね。

さらに先を見越して…

2023年10月1日からは、

請求書等の記載内容がさらに増えます。

 

この形式の請求書のことを
インボイス方式、適格請求書などと呼びます。

新たに導入される
『適格請求書発行事業者登録制度』の『登録番号』の記載が必要となります。

詳細はまた後日お伝えしますが
お客様の中に、
個人事業主や法人がいる場合には、
事業者登録をしないと、
消費税の計算上、お客様に迷惑を掛ける可能性があります。

<請求書形式変更のスケジュール>

2019年10月1日~ 区分記載請求書等

2021年10月1日~ 適格請求書発行事業者の登録申請開始

2023年10月1日~ 適格請求書等

 

4.まとめ

レジを使っているならば、軽減税率、インボイス方式に対応する必要があります。

2019年9月30日までに導入・改修、支払いが終われば

基本的に支払額の2/3の補助を受けることができます。

 

増税が先延ばしになる可能性もありますが、

直前だと混雑して導入・改修が間に合わない場合も・・・。

 

ちなみに前回の増税(8%→10%)延期は、
2017年4月1日からの増税予定に対して、
2016年6月1日に総理大臣が記者会見しました。

その前の増税(5%→8%)延期は
2015年10月1日からの増税予定に対して、
2014年11月18日に総理大臣が記者会見しました。

約10か月の時間的余裕は必要ということです。

 

また今回も増税延期になるのであれば、
2018年11月頃には、発表があるかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket