このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ひとりでビジネスを始めたら、
業種によって多少の違いはありますが、

営業、広報、経理、清掃、製造、受付・・・

事業をしていく上で必要なことすべて、

・自分でするか
・外部に委託するか
・人を雇うか

選択する必要があります。

【この記事の目標】

記帳や確定申告を自分でする場合のメリット・デメリットを整理する

1.メリット

①お金が掛からない

外注をすることをためらう最大の理由はコストだと思います。
自分ですれば、お金は掛かりません。

②数字に強くなる

正しい知識をもとに、自分で記帳していれば、
自分のビジネスの数字について理解できるようになります。

③タイムリーに現状把握ができる

毎日、会計入力していれば、
ビジネスの数字をタイムリーに把握することができます。

④他人に経営数字を見せなくて済む

外部に依頼するといっても相手は、赤の他人です。
売上・利益などの数字を見せる必要がありません。

2.デメリット

①時間が掛かる

記帳する時間、会計・税務を勉強する時間が必要です。
特に税法は毎年改正があるので、
自分のビジネスに関係があるか確認が必要となります。

②ストレスがたまる(かも)

数字が苦手、整理整頓が苦手という方にとっては、
記帳作業や領収書の整理が苦痛であることも。

また、会計・税務を調べてもよくわからないことがあると、
このまま申告していいのか不安が募ります。

③相談・アドバイスを受けられない

税理士などと契約していれば、
経営状況や環境を理解した専門家に
いつでも気軽に相談を行えます。

④損をする可能性も

正しい知識で行えば数字に強くなると書きましたが、
反対に、『我流』で経理・申告をすると
誤っていても気づいていない可能性があります。

3.まとめ

ひとりでビジネスを始めた方にとっては、
馴染みがないかもしれませんが、
自分でするか、外部に委託するかを決めることも『経営判断』です。

メリット・デメリット比較した上で
判断されてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket