このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

無借金経営ってなんだか響きがカッコいいですが、
よっぽど資金に余裕がない限り、
借金をした方が「安全」側になります。

【この記事の目標】

創業融資を受けるタイミングを考える

1.制度融資と公庫融資

お金を借りるってなると、
まず思い浮かぶのが『銀行』です。

しかし、銀行は営利企業(株式会社)なので、
これから起業する!って宣言したばかりの
どこの誰だかわからない無名の起業家には、
お金を貸してくれません。

そのため、
創業融資は、基本的には、地方自治体や国が率先して行っている
『制度融資』か『公庫融資』を利用することになります。

制度融資は、
中小企業や個人事業主などが
円滑に資金調達できるようにするために提供している制度で、
金融機関・保証協会・地方自治体が連携して実施しています。

地方自治体が利息や保証料を補助してくれますが、
金融機関・保証協会・地方自治体がそれぞれ審査を行うので、
融資まで時間が掛かることが多いようです。(3か月くらい)

公庫融資は、
日本国政府が100%出資している
株式会社日本政策金融公庫から融資を受けることです。

創業融資にも力をいれていて、
無担保・無保証でも融資を受けられます。

 

融資できる枠(上限額)があったり、
申込から融資までの期間が違っていたり、
金利が違ったりするので、
状況に合わせて使い分けたり併用したりします。

2.融資を受けるに、見た目をよくする

面談時にあまりに不潔だったりすると
印象がよくないってこともありますが…

ここでは、見た目といっても人の外見ではありません。

 

・通帳の見た目

起業するつもりなら、
その目標に向けてコツコツ貯金をしてきているはず。
通帳から起業に対する意思が見られます。

・信用情報の見た目

きちんとした人なら、
水道光熱費や税金、クレジットカードの滞納なんてないはず。
信用情報から、約束を守る人なのかどうかが見られます。

・経歴書の見た目

全く未経験の人よりも経験豊富な人の方が、
業界について詳しい分だけうまくいくだろう・・・。
経歴書からどれくらい業界経験があるのか見られます。

書類の見た目を良くすれば、融資を受けられる可能性が高まります。

3.実績はない方がいい(かも)

あなたなら、どっちの人が期待できますか?

Aさん(開業後1年経過)

1年やってみたけど全然ダメでお金が底をつきそうだから、
お金貸してください!

Bさん(創業前)

開業目指して、コツコツ300万円貯めてきました!
開業費が100万円必要で、
半年後には毎月100万円の売上を見込んでいて・・・
これまでこの業界で10年経験があって・・・
・・・という計画なのでお金を貸してください!

1年やって全くダメだったという『実績』がある人と、
これからの計画をしっかり立てている『実績』がない人。

どっちが期待できるかって聞かれると、
断言できるものではないですが。

創業融資においては、
実績ない人の方が借りられる可能性が高い傾向があります。

4.借金をした方が『安全』

起業するときは、
創業融資を受けずに開業当初から好調で無借金経営をしていくんだ、と
理想を思い浮かべてしまいます。

 

でも、一番迎えたくないのは、
創業融資受けずに開業当初から不調・・・
お金が底をつきそうになってから、融資を申し込んでも受けられず…
というパターンのはず。

 

創業融資を受けていれば、
お金が底をつくまでの時間は伸びます!
毎月経費が30万円かかるとしたら
100万円借りていれば、3か月、
300万円借りていれば、10ヶ月、
時間を稼げるんです!

成果出すまで10か月猶予があるって思えると、
ガツガツ焦ることなく、営業がうまくいくかもしれません。

300万円借りても金利は2%として
年60,000円ほど。月5,000円です。

成果が出るまでの時間を確保することは、
月5,000円以上の価値があると思いませんか?

4.まとめ

創業融資は、ダメだったという実績がない方が受けやすく、

借金をした方が時間に余裕ができるので

経営判断としては、安全側です!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket