このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

創業融資を申し込む際には、
「創業計画書」というものを作成します。

なかなか大げさな書類名ですが、内容はいたってシンプル。

相手(金融機関など)に
どんな事業を考えているかってことを伝えるための書類です。

・開業したい理由
・これまでの経験
・商品やサービスの内容
・開業資金はいくら必要か
・どれくらい売上・利益を見込んでいるか
などなど

利益の予想というと

100万円儲けたい!

と景気よく切りのいい数字を目標にしたくなります。

しかし開業後、すぐに軌道に乗るとは限りません。
では、利益っていくらあればいいか、わかりますか?

1.利益計画よりも先に、家計計画を立てよう!

簡単にいえば、毎月の生活費がいくら必要なのか、です。

起業すると、
事業で稼いだお金から、生活費を捻出することになります。
事業で稼げなかったら生活費は入ってきません。

稼げるようになるまで、貯金を切り崩すことになります。

生活費を賄える金額、
それが最低限、必要な「利益」です。

水道光熱費、通信費、食費、家賃、税金、社会保険料、娯楽費・・・

月々いくら使っているのか書き出してみてください。

2.生活費の断捨離を。

黒字経営の会社でもお金が底をついたら潰れます。

個人事業主も同じで、お金が底をついたら、
生活のために、事業を止めて
他所で働かざるを得なくなります。

もちろん、これまでの収入(給与など)よりも
稼ぐことを目指して起業する方が多いと思います。

でも、いきなり給与より多く稼げることはあまりありません。

もっといい生活を夢見て、起業するはずですが・・・
軌道に乗るまでは、少しでも生活費を抑えるのが得策です。

生活費を抑えることができれば、
お金が底をつくまでの時間を長くすることができます。

1ヶ月よりも3か月、
3ヶ月よりも半年、
時間に余裕がある方が成功する確率は高まります。

生活費をできるだけ節約することが
「いい生活」を実現する可能性を高めます。

3.まとめ

「創業計画書」というと、
事業のことばかり考えてしまいますが、
ひとりビジネスにとっては、
生活と事業を切り離すことはできません。

最低限、達成すべき利益は、生活費です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket