このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

資を受ける際、

最低限、達成すべき売上は、次の式で表されます。

売上 - 費用 > 生活費 + 返済額

式を展開すると・・・

売上 > 生活費 + 返済額 + 費用

仮に、
生活費25万円、返済額10万円、費用35万円とすると、
毎月売上が70万円必要です。

 

士業・コンサル・講師・コーチ・サロン・治療院といった
サービス業の方であれば、
サービス(付加価値)を提供した時間が
直接、売上に反映されます。

つまり、

売上 = 単価 × 時間

仮に、月間売上70万円を達成するためには、
時間当たりいくらの単価を設定すべきでしょうか。

【この記事の目標】

単価は、適当な金額か

1.時間は有限

1ヶ月休みなく
1日12時間働いたとしても
1ヶ月360時間です。

ひとりでビジネスをするのであれば、
事務作業、宣伝、営業、移動時間・・・

実際に、顧客にサービスを提供できる時間は限られています。
仮に60%とすると、216時間になります。

しかし、ひとりでビジネスしてるとは言え、
前提とした1ヶ月休みなく1日12時間というのは過酷です。

週休2日とすると、1ヶ月で240時間。
240時間の60%は、144時間だけです。

2.単価はいくらに設定すべきか

実際、付加価値を提供できる供時間を
144時間と仮定すると、

1時間あたり約5,000円の付加価値を提供する必要があります。
(700,000円÷144時間=4,861円)

 

ひとりでビジネスしている場合には、
働いた時間=付加価値を提供した時間 には、なりません。

事務作業や移動時間、営業など、
お金を産み出さない時間が多く存在します。

最低賃金が909円(大阪)だからといって、
それに合わせて単価設定をしてしまっていませんか?

3.まとめ

サービス業は、非常にシンプルに

単価×時間 で売上が決まります。

 

創業計画書では、『単価』・『時間』ともに
確実に達成できる数値なのかどうかがポイントになります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket